家づくりへの想い|埼玉県ふじみ野・鶴瀬を中心とした注文住宅・自由設計の建築不動産

家づくりへの想い

家づくりへの想い

「建造物」をつくる仕事に惹かれて

#

「お客様の想いが紙に書かれた線(図面)となり、それがはっきりとした輪郭を持つカタチになっていく…」
このお客様の漠然とした「想い」や「こだわり」を一つひとつ立体的な「カタチ」にしていくことこそが、私が家づくりに惹かれる理由です。

実は、初めから建築業を目指していたわけではありません。大学でも法学を学び、別業種に就くつもりでした。しかし、家業が不動産建築業を行っていたため、半ば強制的にこの仕事に就いたのです。

当時はほとんどの業務が不動産業(ほとんど完成した家を物を売る)で魅力を感じられずにいました。そんな時に一度家業から離れて建築会社で働く機会があり、 そこで「建築」のおもしろさを見つけたのが今の原点となっています。

その会社で数年修行させて頂いた後、再び家業の不動産建築業に戻り、建築部門の強化を図りました。「自由設計」をメインにする仲野の始まりです。 修行時代に培った建築のノウハウが不動産管理業のリフォームにも活かせるようになり、大家様にも喜んでいただけるようになりました。

#

私は家づくりが趣味や天性の仕事だと感じたことは一度もありません。私にとって、家づくりとは「仕事」なのです。 例えば、自分のこだわりをお客様に強くアピールしている自分の趣味に近いのでは??と思う同業もおりますが、私はオンオフを切り替え「仕事」をさせて頂いてます。 (趣味の自転車には沢山こだわってますが…)いつも現場でも感じるように、私は家や建築といった「建造物」をつくるのが本当に好きなんだと思います。 日々、お客様の「想い」を「カタチ」にする素晴らしさを実感しています。

「妥協点を模索しない」、一つひとつに執着する大切さ

#

私は「自由設計」にこだわっています。お客様それぞれの想いや考え方を最大限に受け止めて実現していくことこそが、家づくりをするにあたって大切なことだと考えているからです。

事業年数も20年以上が経過し、これまで多くのお客様に出会いました。毎回、最後に引き渡したときにお客様が笑顔になるように、納得できるものを予算内で作り上げていっています。

#

お客様とは何度でも打ち合わせをします。決して妥協はしません。お客様が納得していないところで「妥協点を模索する」のは嫌なんです。妥協するのは私だけでよいと考えています。

私は「できない」という言葉を使いません。お客様の想いを実現させるために「自由設計」のよさを活かして、あらゆる方法を模索していきます。 提携業者等のあるハウスメーカーと違って、私共は「なんでもあり」なんです。例えば、インターネットで調べたものが欲しいという場合は、もちろん受け入れます。 お客様の想いを叶えるために、一つひとつに細かく執着していくことが大切だと思っています。

お客様とは正面から向き合い、たくさんコミュニケーションを図ります。そのなかで育んだ意見や考え方は、必ず「よい結果」をもたらしてくれるからです。 そして、これまで「よい結果」を積み重ねてきたことが、会社にとっても「糧」となっています。お客様のおかげで会社も成長しているのを感じています。

「終の住処」となるように

#

お客様の想いは最大限に受け止めつつも、今だけの流行を重視したデザイン等を希望された場合は再度確認しています。 意見の相違でなかなか理解していただけないこともありますが、そのときだけの流行でつくるよりは、「数十年先」のことも考えてつくることが大切だと考えるからです。

今は少子高齢化社会です。交通網の発達した首都圏では車の需要が減るなど、時代によって人々のライフスタイルは変わっていきます。それとともに、求められる住居のカタチも変化するものです。

これからは建築業+不動産業のノウハウを生かした新しい提案をお客様にご提供、新築一戸建て自由設計の住居提案にプラスして、古い建物を生かす「リノベーション」にも力を入れていきたいと考えています。 築年数が古くとも、耐震性のしっかりした物件はあります。条件のよい中古マンションや中古戸建に巡り会えば、自由設計でフルリフォームを施すことによって「想い」を「カタチ」にすることが可能なのです。

お客様の想いが実現され、その喜びが数十年先も変わらないこと。「終の住処」となることが私の一番の願いです。

#

ページトップへ